区間プロットの例

ある植物肥料の製造会社が、植物の高さを最も増大させる肥料の配合を開発しようとしています。肥料の配合を試験するため、研究者は、肥料を与えない対照群(グループ)、自社のGrowFastという肥料を与えるグループ、競合他社のSuperPlantという肥料を与えるグループの3つのグループを作り、それぞれ50本の同一の苗を用意します。3ヶ月間、植物を管理された温室環境に置いた後、植物の高さを測定します。

研究者は、最初の調査の一環として、肥料を与えなかったグループ、自社の肥料を与えたグループ、競合他社の肥料を与えたグループの3つのグループの植物の高さの区間プロットを作成し、植物の成長の差を評価します。

  1. サンプルデータを開く、植物の成長.MTW.
  2. 次のいずれかを選択します。
    • グラフ > 区間プロット > 1つのY > グループ
    • 統計 > 分散分析 > 区間プロット > 1つのY > グループ
  3. グラフ変数に、高さを入力します。
  4. グループ(カテゴリ)変数 (1~4、最初の変数が一番外側のグループ)に、肥料を入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

GrowFastを与えた植物の平均の高さが最も高くなっています。GrowFastの信頼区間は他の信頼区間と重なり合っておらず、これは差が有意である可能性を示しています。SuperPlantも植物の高さを増大させます。ただし、SuperPlantグループと対照群の信頼区間は重なり合っており、これは差がおそらく有意でないことを示しています。

グループのペア間に有意な差があるかどうかを判断するには、科学者は、一元配置分散分析(ANOVA)を複数比較して使用できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください