個別値プロットを選択

グラフ > 個別値プロットを選択し、データと好きなプロットの表示方法に基づいて、個別値プロットを選択します。

1つのY単純

1つの変数の値を示す個別値プロットを作成します。ワークシートには数値データまたは日付・時刻データの1列を含む必要があります。

たとえば、次のワークシートでは、弾力性に数値データが含まれています。グラフは個別の弾性値を表示しています。

C1
弾力性
51
75
39
...

詳細は、1つのY変数の個別値プロットを作成を参照してください。

1つのYグループ

異なるグループの値を示す個別値プロットを作成します。ワークシートには少なくとも1列の数値データまたは日付・時刻データ、少なくとも1列のカテゴリデータを含む必要があります。グループはカテゴリ変数の値、または複数のカテゴリ変数の値の一意的な組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、弾力性に数値データが、添加剤にカテゴリデータが含まれています。グラフには、それぞれの添加剤の個別の弾性値が表示されます。

C1 C2
弾力性 添加剤
51 0
75 1
39 2
... ...

詳細は、グループを使用した1つのY変数の個別値プロットを作成を参照してください。

複数のY単純

異なるグループの値を示す個別値プロットを作成します。ワークシートには複数列の数値データまたは日付・時刻データを含む必要があります。1列が1グループです。

たとえば、次のワークシートには、3週間中それぞれの週に生産されたパイプの直径が含まれています。1週目2週目、および3週目には数値データが含まれています。グラフは、各週に生産された個別のパイプの直径を示しています。

C1 C2 C3
1週目 2週目 3週目
5.19 5.57 8.73
5.53 5.11 5.01
4.78 5.76 7.59
... ... ...

詳細は、複数のY変数の個別値プロットを作成するを参照してください。

複数のYグループ

多水準グループの値を示す個別値プロットを作成します。多水準グループは記号のクラスタ化グループとして表示されます。ワークシートには複数列の数値データまたは日付・時刻データおよび少なくとも1列のカテゴリデータを含む必要があります。グループは個別の列と値、またはカテゴリ変数の値の一意的な組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートには、2つの機械で、3週間中それぞれの週に生産されたパイプの直径が含まれています。1週目2週目、および3週目には数値データが含まれています。機械にはカテゴリデータが含まれています。グラフは、各機械で生産された個別のパイプの直径が、週別にクラスタ化され、表示されています。

C1 C2 C3 C4
1週目 2週目 3週目 機械
5.19 5.57 8.73 1
5.53 5.11 5.01 2
4.78 5.76 7.59 1
... ... ... ...

詳細は、グループを使用した複数のY変数の個別値プロットを作成を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください