複数のY変数の個別値プロットの例

プラスチックパイプを製造する会社の品質エンジニアが、パイプの直径のばらつきについて懸念しています。エンジニアは、2台の機械それぞれから週に10本のパイプを3週間にわたって測定します。

エンジニアは、最初の調査の一環として、各週に測定されたパイプの直径を比較する個別値プロットを作成します。

  1. サンプルデータパイプの直径.MTWを開く。
  2. グラフ > 個別値プロット > 複数のY > 単純を選択します。
  3. グラフ変数に、第1週第2週、および第3週と入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

直径の分布の広がりは、週を追うごとに増加するように見えます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください