欠損データを処理するためのグループオプション

グループを持つグラフを作成するとき、デフォルトでは、名前のないグループとデータのないグループがあります。次のオプションを使用して、グラフからこれらのグループを除外します。

欠損値をグループとして含む
デフォルトでは、欠損グループの名前は異なるグループとして処理されます。たとえば、次のワークシート内の行2と4には、AまたはBではなく欠損値があります。区間プロットには、こうした行のための異なるグループが含まれています(これらの行ではグループ名が欠損しているので、目盛マークのラベルも欠損しています)。
C1-T C2
グループ データ
A 22
30
B 47
25
... ...

グラフ作成時に名前が欠損しているグループを除外するには、データオプションをクリックします。グループオプションタブ上で、欠損値をグループとして含むを解除します。

空のセルを含む
デフォルトでは、グラフ上にすべての可能なグループ(データのないグループを含む)が含まれます。たとえば、次の円グラフには、グループA2の目盛マークがありますが、バーはありません。列C1にA、列C2に2が含まれているワークシート列がないので、A2は空のセルです。
C1-T C2 C3
グループ サブグループ データ
A 1 55
B 1 41
B 2 29
C 1 44
C 1 33

グラフ作成時に空のセルを除外するには、データオプションをクリックします。グループオプションタブ上で、空のセルを含むを解除します。既存のグラフから空のセルを削除するには、スケールをダブルクリックして、尺度タブ上の空のセルを含むを解除します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください