たいていのグラフでは、度数の列を使用して、グラフ変数のデータ数を要約できます。このデータ形式では、変数の列ごとに、一意な値または一度だけリスト化されたラベル、および項目または値ごとの発生数を示す対応する度数の列が含まれます。

たとえば、このワークシートには、自動車修理の種類ごとに計算した度数列修理度数と、整備ごとの修復を計算した度数列整備度数が含まれます。円グラフは、要約された度数データを表示します。

C1-T C2 C3-T C4
修理 修復度数 整備士 整備度数
排気 15 スティーブ 20
車体 22 ロジャー 14
トランスミッション 8 デビー 16
エンジン 5    

このワークシートでは、度数は、データセットの数値データごとの発生数を示します。ヒストグラムは、要約された度数データをプロットします。

C1 C2
データ値 度数
0 2
1 22
2 27
3 37
4 12
5 7

グラフ作成時に度数列を使用するには、データオプションをクリックします。度数タブで、度数データが含まれる列を入力します。メインダイアログボックスで入力するグラフ変数ごとに異なる度数列を指定できます。入力した度数列の順序は、グラフのメインダイアログボックス上の対応する変数の順序と一致します。

また、グラフの作成後に度数変数を変更することもできます。詳細は類似または複製のグラフを作成するを参照してください。

散布図、行列散布図、および3D散布図で度数列を使用する場合は、ゆらぎ機能が適用されていても、重なっている点はそのままで表示されます。ゆらぎの詳細はグラフ上の記号の変更を参照してください。度数値は適合回帰直線平滑化ラインの計算に含まれます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください