モデルベースのプロットのメッシュ分解能を調整する

Minitabでは、メッシュと呼ばれる連続する規則的なx値とy値の設定され、メッシュのx-y交点に応答(z)値がプロットされます。デフォルトでは15 x 15メッシュを使用しますが、メッシュを編集して適合面の高分解能または低分解能を確認できます。

内挿する曲面のメッシュの下でカスタムを選択して、必要なメッシュの分解能に対してxメッシュとyメッシュの値を入力します。次のプロットでさまざまな分解能のメッシュを表示します。
5 x 5メッシュ(ワイヤフレーム)
15 x 15メッシュ(ワイヤフレーム)
5 x 5メッシュ(等高線プロット)
15 x 15メッシュ(等高線プロット)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください