射影ライン

射影ラインにより、各データ表示要素は基本部分で結合されます。たとえば、次の散布図では、射影ラインは、記号で表されるデータ点が軸に沿って分布する位置を示します。Y軸上でのデータ点の位置を確認する場合は、射影方向を変更します。
射影ラインを使用して、目標値から離れているデータを明らかにすることができます。たとえば、次の棒グラフでは、射影ラインは目標値2.5から伸びています。別の目標値を評価する場合は、基本部分を変更します。

グラフ作成時に射影ラインを追加するには、データ表示をクリックします。既存のグラフに射影ラインを追加するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。射影ラインを編集するには、編集したい射影ラインを選択してダブルクリックします。射影ラインの選択に関する詳細はグラフ上のグループおよび単一項目を選択するを参照してください。

外観を変更する

属性タブ上に、選択した射影ラインの種類、色、太さを編集できます。
ヒント

グラフ要素のデフォルト設定と属性を変更するには、ツール > オプション > グラフィックスを選択します。

射影方向を変更する

射影方向は、グラフ上で射影ラインが伸びる方向です。デフォルトの射影方向は、X軸に向かう方向です。オプションタブで、射影方向の下にある次のいずれかを選択します。
Yスケールに向かって
Xスケールに向かって

射影方向を変更する(3Dグラフ)

射影方向は、グラフ上で射影ラインが伸びる方向です。デフォルトの射影方向は、xy平面に向かう方向です。射影方向を変更して他の軸に射影した点の位置を表示することもできます。オプションタブで、射影方向の下にある次のいずれかを選択します。
XY面に向かって
YZ面に向かって
XZ面に向かって

基本部分の変更

射影ラインは基本部分からはじまり、データ点に伸びます。オプションタブ上、基本部分カスタムを選択して位置を入力します。次のプロットは、異なる基本部分を示します。
基本部分 = 0
基本部分 = 350

重なっているデータを表示するためのゆらぎを使用する

グラフ上に同一のデータ値がある場合は、データ点は重なり合って隠れてしまうことがあります。ゆらぎは、重なり合いを減らしやすくするため各点をランダムに押し上げます。ゆらぎはランダムなので、データ点ごとの位置は、同じグラフを再作成する度にわずかに異なります。グラフにゆらぎを追加するには、ゆらぎタブ上で、方向にゆらぎを加えるを選択します。ゆらぎの量を調節するには、異なる値を入力します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください