ラインプロットの表示オプションを選択する

データ表示要素を選択する

グラフ作成後に記号または結線を追加または削除するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。既存グループの属性を新しい要素に適用するには、要素追加時に追加された表示に現在の表示の同じグループを適用するを選択します。既存のグラフへのグループ変数の追加または変更に関する詳細はグラフの表示グループを参照してください。

たとえば、次のラインプロットには記号と結線の両方が含まれています。

これらのグラフ機能の編集に関する詳細は次のトピックを参照してください。

Yをパーセントスケールに変更する

デフォルトでは、Y軸のスケールはデータ単位です。たとえば、次のラインプロットのY軸の値は光出力を表します。

C1 C2 C3
光出力 温度 ガラス種別
580 100 1
1090 125 1
1392 150 1
550 100 2
... ... ...
Y軸をパーセントスケールに変更できます。プロット作成時にプロットオプションをクリックします。既存のプロットでは、プロットをクリックしてエディタ > グラフオプションを選択します。Yをパーセントで表示を選択して、次のオプションの1つを選択します。
すべてのXカテゴリに沿って
プロットされたすべての値の合計は100%です。たとえば、このプロットでは、プロットされた9つすべてのプロットの合計は100%です。
各Xカテゴリ内
Xカテゴリごとにプロットされた値の合計は100%です。カテゴリ内で標準化したい場合はこのオプションを使用して、差を際立たせます。たとえば、このプロットでは、温度の各水準のプロットされた3つの値の合計は100%です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください