3D散布図および3D曲面プロットの表示オプションを選択する

データ表示要素を選択する

次の画像は、3Dプロットに表示できる要素を示します。グラフ作成時に要素を選択するには、データ表示をクリックします。

グラフ作成後、要素を追加または削除するには、グラフをクリックしてエディタ > 追加 > データ表示を選択します。既存のグループの属性を新しい要素に適用するには、要素の追加時に追加された表示に現在の表示の同じグループを適用するを選択します。既存のグラフへのグループ変数の追加または変更に関する詳細は、グラフの表示グループを参照してください。

曲面を持つ3D曲面プロット
ワイヤフレームを持つ3D曲面プロット
記号と射影ラインを持つ3D散布図

曲面プロットをワイヤフレームプロットに変更する方法を含め、これらのグラフ機能の編集に関する詳細は次のトピックを参照してください。

3Dボックスを編集する

データが表示されるボックスを編集するには、グラフをクリックしてエディタ > グラフオプションを選択します。

ボックスの外観を変更する
属性タブでは、塗りつぶしの種類、塗りつぶしの色、線の種類、線の色、線のサイズを編集できます。たとえば、次の3D散布図に、3Dボックスの色は淡黄です。
ボックス面を表示する
ボックスオプションタブで、次のいずれかを選択します。
なし
後ろの面のみ
すべての面
アスペクト比を変更する
ボックスオプションタブで、比を選択します。たとえば、次の3D曲面プロットはすべて同じデータです。
デフォルト
データ範囲に比例
指定(このプロット:3 x 3 x 1)
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください