経験CDFプロットの概要

経験CDFプロットを使用して、データに対する分布の適合値を評価し、母集団で推定される百分位とサンプル値の実際の百分位を表示し、サンプルの分布を比較します。各観測値は、サンプル内の観測値以下の値のパーセントを基準にしてプロットされます。プロットされた点はステップ化された線とつながり、選択した分布の適合累積分布関数(CDF)がプロットに含まれています。経験CDFプロットは確率プロットに類似(両方の軸が線形であることを除く)しているため、より直観的に解釈できます。

たとえば、銀行の管理者は、経験CDFプロットを作成して、顧客待ち時間の分布を調べます。

このグラフの場所

経験CDFプロットを作成するには、グラフ > 経験CDFを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください