等高線プロットの概要

等高線プロットを使用して、応答変数と2つの予測変数の関係を調べます。等高線プロットでは、2つの予測変数の値がX軸とY軸上に表され、応答変数の値が等高線と呼ばれる濃淡の領域で表されます。等高線プロットは経度、緯度、高度の代わりに、X値、Y値、Z値がプロットされている位相地図のようなものです。

たとえば、次の等高線プロットは、温度と時間の効果を、再加熱した冷凍総菜の品質上に表示します。

このグラフの場所

等高線プロットを作成するには、グラフ > 等高線プロットを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください