バブルプロットの例

ある銀行では、ローン申請者を、収入、学歴、年齢、現住所での居住年数、現職での勤続年数、貯蓄、負債、およびクレジットカード数の8項目で審査します。担当責任者は、このデータをグループ化して報告する最良の方法を決定するためにデータを分析しようとしています。そこで、30人のローン申請者についてこの情報を収集しました。

責任者は、各申請者の収入、貯蓄、クレジットカード負債を比較するために、バブルプロットを作成します。

  1. サンプルデータを開く、ローン申請者.MTW.
  2. グラフ > バブルプロット > 単純を選択します。
  3. Y変数貯蓄を入力します。
  4. X変数収入を入力します。
  5. バブルサイズ変数借金を入力します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

バブルプロットは、申請者の収入と貯蓄の関係が単純ではないことを示しています。一般に、収入が高いほど、関係している貯蓄の水準が少しずつ高くなりがちです。しかし、貯蓄が最大の申請者の収入は最大ではありません。

負債が最大(バブルがいちばん大きい)の申請者は、貯蓄がほとんどないか、貯蓄がまったくないという傾向があります。しかし、貯蓄がほとんどないか、貯蓄がまったくない申請者の多くは負債をあまり持っておらず、このことはグラフ底部近辺の小さなバブルが示している通りです。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください