箱ひげ図を使用して、サンプル分布の形、中心傾向、変動性を評価、比較し、外れ値を探すことができます。箱ひげ図は、サンプルサイズが少なくとも20の場合に最適です。箱ひげ図にはデフォルトで、各グループの中央値、四分位範囲、範囲、外れ値が示されます。

たとえば、科学者が箱ひげ図を作成して、異なる2つの肥料で生育した植物の高さと無肥料の対照群を比較するとします。

このグラフの場所

箱ひげ図を作成するには、グラフ > 箱ひげ図を選択します。

代替グラフを使用する場合

サンプルサイズが20未満の場合は、代わりに個別値プロットの使用を検討してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください