一意の値のカウント数: 単純

1つの変数に一意な値の計数を表示する棒グラフを作成します。ワークシートには、カテゴリデータを少なくとも1列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートでは、欠陥にカテゴリデータが含まれます。グラフには、欠陥の種類ごとに計数が表示されます。

C1-T
欠陥
はがれ
...

詳細は一意な値の計数の棒グラフを作成する:単純を参照してください。

一意の値のカウント数: クラスター

複数水準グループに一意値の計数を表示する棒グラフを作成します。複数水準グループはクラスター化された棒として表示されます。ワークシートには、カテゴリデータを少なくとも2列含める必要があります。各列の行数は同じでなければなりません。グループは、カテゴリ変数の値の一意な組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、欠陥シフトにカテゴリデータが含まれています。グラフは、欠陥の種類でクラスター化された、仕事のシフトごとの欠陥の計数を示します。

C1-T C2
欠陥 シフト
1
2
はがれ 3
... ...

詳細は一意な値の計数の棒グラフを作成する:クラスターを参照してください。

一意の値のカウント数: 積み重ね

複数水準グループに一意値の計数を表示する棒グラフを作成します。複数水準グループは積み上げられた棒として表示されます。ワークシートには、カテゴリデータを少なくとも2列含める必要があります。各列の行数は同じでなければなりません。グループは、カテゴリ変数の値の一意な組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、欠陥シフトにカテゴリデータが含まれています。グラフには、仕事のシフトで積み重ねられた欠陥の種類ごとの欠陥の計数が表示されます。

C1-T C2
欠陥 シフト
1
2
はがれ 3
... ...

詳細は一意な値の計数の棒グラフを作成する:積み重ねを参照してください。

1変数の関数: 1つのY: 単純

グループに分けられる変数の平均または他の関数を表示する棒グラフを作成します。ワークシートには、数値または日付/時刻データを少なくとも1列、対応するカテゴリデータを1列含める必要があります。グループは、カテゴリ変数の一意な値で定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、光出力には数値データが含まれ、温度にはカテゴリデータが含まれます。グラフには、温度ごとの光出力の平均が表示されます。

C1 C2
光出力 温度
580 100
1090 125
1392 150
... ...

詳細は1つのY変数の関数の棒グラフを作成する:単純を参照してください。

1変数の関数: 1つのY: クラスター

複数水準グループに分けられる変数の平均または他の関数を表示する棒グラフを作成します。複数水準グループはクラスター化された棒として表示されます。ワークシートには、数値または日付/時刻データを少なくとも1列、対応するカテゴリデータを少なくとも2列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートでは、光出力には数値データと温度が含まれ、ガラス種別にはカテゴリデータが含まれます。グラフには、温度でクラスター化された、ガラス種別ごとの光出力の平均が表示されます。

C1 C2 C3
光出力 温度 ガラス種別
580 100 1
1090 125 1
1392 150 1
... ... ...

詳細は1つのY変数の関数の棒グラフを作成する:クラスターを参照してください。

1変数の関数: 1つのY: 積み重ね

複数水準グループに分けられる変数の平均または他の関数を表示する棒グラフを作成します。複数水準グループは積み上げられた棒として表示されます。ワークシートには、数値または日付/時刻データを少なくとも1列、対応するカテゴリデータを少なくとも2列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートでは、光出力には数値データが含まれ、温度ガラス種別にはカテゴリデータが含まれます。グラフには、ガラス種別で積み重ねられた、温度ごとの光出力の平均が表示されます。

C1 C2 C3
光出力 温度 ガラス種別
580 100 1
1090 125 1
1392 150 1
... ... ...

詳細は1つのY変数の関数の棒グラフを作成する:積み重ねを参照してください。

1変数の関数: 複数のY: 単純

複数の変数の平均または他の関数を表示する棒グラフを作成します。ワークシートには、数値または日付/時刻データを複数列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートでは、週ごとのフード製品の充填重量が3週間分含まれています。第1週第2週第3週は数値列です。グラフには週ごとの平均充填重量が表示されます。

C1 C2 C3
週1 週2 週3
5.19 5.37 5.73
5.03 5.11 5.48
4.98 5.26 5.62
... ... ...

詳細は複数のY変数の関数の棒グラフを作成する:単純を参照してください。

1変数の関数: 複数のY: クラスター

グループに分けられる複数の連続変数の平均または他の関数を表示する棒グラフを作成します。グループはクラスター化された棒として表示されます。ワークシートには、数値または日付/時刻データを複数列、対応するカテゴリデータを少なくとも1列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートには、2台の機械で週ごとに生産されたフード製品の充填重量が3週間分含まれています。第1週第2週第3週は数値列であり、機械にはカテゴリデータが含まれています。グラフには、週単位でクラスター化された、機械ごとの充填重量の平均が表示されます。

C1 C2 C3 C4
週1 週2 週3 機械
5.19 5.37 5.73 1
5.03 5.11 5.48 2
4.98 5.26 5.62 1
... ... ... ...

詳細は複数のY変数の関数の棒グラフを作成する:クラスターを参照してください。

1変数の関数: 複数のY: 積み重ね

グループに分けられる複数の連続変数の平均または他の関数を表示する棒グラフを作成します。グループは積み上げられた棒として表示されます。ワークシートには、数値または日付/時刻データを複数列、対応するカテゴリデータを少なくとも1列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートには、2台の機械で週ごとに生産されたフード製品の充填重量が3週間分含まれています。第1週第2週第3週は数値列であり、機械にはカテゴリデータが含まれています。グラフには、機械で積み上げられた、週ごとに生産される充填重量の平均が表示されます。

C1 C2 C3 C4
週1 週2 週3 機械
5.19 5.37 5.73 1
5.03 5.11 5.48 2
4.98 5.26 5.62 1
... ... ... ...

詳細は複数のY変数の関数の棒グラフを作成する:積み重ねを参照してください。

表からの値: 値の1つの列: 単純

グループに要約データを表示する棒グラフを作成します。グループは、カテゴリ変数の値で定義されます。ワークシートには、要約データを少なくとも1列、対応するカテゴリデータを1列含める必要があります。

たとえば、次のワークシートでは、計数には要約データが含まれ、好みにはカテゴリデータが含まれます。グラフには、チョコレートの好みの種類ごとに計数が表示されます。

C1 C2
計数 好み
177 ダーク
237 ミルク
39 ホワイト

詳細は1つの列の値を使用した表の棒グラフを作成する:単純を参照してください。

表からの値: 値の1つの列: クラスター

複数水準グループに要約データを表示する棒グラフを作成します。複数水準グループはクラスター化された棒として表示されます。ワークシートには、要約データを少なくとも1列、カテゴリデータを少なくとも2列含める必要があります。グループは、カテゴリ変数の値の一意な組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、計数には要約データが含まれ、好み性別にはカテゴリデータが含まれます。グラフには、チョコレートの好みでクラスター分けされた性別ごとの計数が表示されます。

C1 C2 C3
計数 好み 性別
87 ダーク 男性
102 ミルク 男性
22 ホワイト 男性
90 ダーク 女性
135 ミルク 女性
17 ホワイト 女性

詳細は1つの列の値を使用した表の棒グラフを作成する:クラスターを参照してください。

表からの値: 値の1つの列: 積み重ね

複数水準グループに要約データを表示する棒グラフを作成します。複数水準グループは積み上げられた棒として表示されます。ワークシートには、要約データを少なくとも1列、カテゴリデータを少なくとも2列含める必要があります。グループは、カテゴリ変数の値の一意な組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、計数には要約データが含まれ、好み性別にはカテゴリデータが含まれます。グラフには、性別で積み上げられたチョコレートの好みの種類ごとに計数が表示されます。

C1 C2 C3
計数 好み 性別
87 ダーク 男性
102 ミルク 男性
22 ホワイト 男性
90 ダーク 女性
135 ミルク 女性
17 ホワイト 女性

詳細は1つ列の値を使用した表の棒グラフを作成する:積み重ねを参照してください。

表からの値: 二元表: クラスター

複数水準グループに要約値を表示する棒グラフを作成します。複数水準グループはクラスター化された棒として表示されます。ワークシートには、要約データを複数列、行ラベルにカテゴリデータを1列含める必要があります。グループは列/行の各組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、第1シフト第2シフト第3シフトには要約データが含まれ、機械IDには行ラベルが含まれます。グラフには、仕事のシフトでグループ化された機械ごとのデータが表示されます。

C1 C2 C3 C4
機械ID 第1シフト 第2シフト 第3シフト
1 48 47 48
2 76 47 32
3 36 40 34

詳細は二元表の棒グラフを作成する:クラスターを参照してください。

表からの値: 二元表: 積み重ね

複数水準グループに要約値を表示する棒グラフを作成します。複数水準グループは積み上げられた棒として表示されます。ワークシートには、要約データを複数列、行ラベルにカテゴリデータを1列含める必要があります。グループは列/行の各組み合わせで定義されます。

たとえば、次のワークシートでは、第1シフト第2シフト第3シフトには要約データが含まれ、機械IDには行ラベルが含まれます。グラフには、機械で積み重ねられた仕事のシフトごとにデータが表示されます。

C1 C2 C3 C4
機械ID 第1シフト 第2シフト 第3シフト
1 48 47 48
2 76 47 32
3 36 40 34

詳細は二元表の棒グラフを作成する:積み重ねを参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください