二元表の値の棒グラフの例

ある傘の製造工場では、傘の柄を測定して、規格を満たさない場合はその柄を組み立てラインから取り除きます。毎日の報告には、3つのシフトそれぞれの期間に工場の3台のプレスマシンによって製造された不合格の柄の数が示されます。品質エンジニアは、プレスマシンとシフトの間に関連性があるかどうかを調べたいと考えています。 エンジニアは、初期調査の一部として棒グラフを作成し、機械およびシフトごとに不合格となった柄の数を比較します。

  1. サンプルデータを開く、傘の柄.MTW.
  2. グラフ > 棒グラフ > 表からの値 > 二元表 > クラスターを選択します。
  3. グラフ変数に'第1シフト'、'第2シフト'、'第3シフト'を入力します。
  4. 行ラベルに'機械ID'を入力します。
  5. OKをクリックします。

結果を解釈する

不合格の柄が最も多かったのは、機械2の最初のシフトです。不合格の柄が最も少なかったのは機械2の3番目のシフトです。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください