一意な値の計数の棒グラフの例

ある自動車用品会社の品質エンジニアが、塗装不良のために不合格となる車のドアパネルの数を減らしたいと考えています。エンジニアは、最初の調査の一環として、塗装不良の数を比較する棒グラフを作成します。

  1. サンプルデータを開く、塗装の欠陥.MTW.
  2. グラフ > 棒グラフ > 一意の値のカウント数 > 単純を選択します。
  3. カテゴリ (分類) 変数欠陥を入力します。
  4. OKをクリックします。

結果を解釈する

この棒グラフから、最も一般的な塗装不良は「はがれ」で、「にじみ」と「その他」が最も少ない塗装不良であることが分かります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください