ある雇用アナリストは雇用局のために、5年間(60ヶ月)にわたる3つの産業での雇用動向を調査します。アナリストは、全体的な雇用動向と3つの産業の個別の動向を評価するために面グラフを作成します。

  1. サンプルデータを開く、雇用動向.MTW.
  2. グラフ > 面グラフを選択します。
  3. 系列に、貿易食品、および金属と入力します。
  4. 時間/スケールをクリックします。
  5. 時間スケールで、カレンダーを選択して、月 年を入力します。
  6. で「1」と入力します。で、データを開始する年を入力します。 この例では、データは2012年から開始します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

金属業(一番下の線)の雇用状況はほぼ横ばいです。食品業の雇用状況(金属業と合算して示されている中央の線)は、8月頃をピークとして周期的なパターンを示しています。食品業と金属業を合わせた雇用状況は、全体的に見て5年間で大きな変化はありません。

すべての業種を合わせた雇用状況(一番上の線)は、8月と2月をピークとして周期的なパターンを示しています。8月のピークは、食品業の周期的な雇用状況が少なくとも部分的に寄与しています。全体をまとめると、すべての業種を合わせた雇用状況は5年間で増加しています。これは主に、卸売・小売業における雇用増加を反映しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください