MinitabでのODBCの基本事項

ODBC(Open Database Connectivity)は、データベースファイルからデータをインポートするために多くのアプリケーションで使用されるプロトコルです。ODBCを使用すると、Microsoft AccessやdBaseなどのデータベースアプリケーションでデータを収集したり、そのデータをMinitabにインポートしたりできます。

概要

ODBCを使用し、AccessやSQLなどのデータベースアプリケーションからデータをMinitabにインポートして分析します。ODBCでは、インポートするデータのサブセットを指定できます。たとえば、ある技術サポート部門で、データベースを使用して毎日の電話、ボイスメール、および電子メールを追跡していたとします。ODBCを使用することで、特定範囲の日付データをMinitabにインポートして分析できます。

また、ODBCのリンクは動的ではありません。データを交換するときはコマンドを毎回実行する必要があります。ただし、ODBCのクエリはマクロに組み込むことができ、同じ処理を簡単に繰り返すことができます。

MinitabでのODBCの使用要件

MinitabでODBCを使用するには、コンピュータに次のアイテムが必要です。詳細は、データベースシステム管理者にお問い合わせください。

ODBCデータソースアドミニストレータ(ユーティリティ)
ODBCデータソースアドミニストレータは、データベースクエリの作成と実行に使用します。Minitab内からODBCデータソースアドミニストレータを開くには、ファイル > データベースを照会 (ODBC)を選択します。WindowsバージョンのODBCデータソースアドミニストレータを開くには、コントロール パネルにある管理ツールを開き、データ ソース (ODBC)を開きます。
ODBCドライバ
接続するデータベースのタイプ(Accessなど)に対応するドライバが必要です。一部のドライバはすでにコンピュータにインストールされています。ODBCデータソースアドミニストレータ内からではなく、ドライバのセットアッププログラムを使用してドライバを追加します。ODBCドライバはデータベースアプリケーションのWebサイトから入手できます。
データソース
ODBCデータソースには、ドライバ名やネットワークアドレスなど、データにアクセスするために必要な技術情報が保存されています。一部のデータソースはすでにコンピュータに設定されている場合があります。新しいデータソースは、MinitabまたはWindowsのODBCデータソースアドミニストレータで定義します。次の種類のデータソースを使用できます。
  • ファイルデータソース: データソース情報は.dsnファイルに保存されます。このファイルを他のユーザーと共有できます。
  • コンピューター データ ソース: データソース情報はそのコンピュータにのみ適用され、共有できません。コンピューター データ ソースにはシステムとユーザーの2種類があります。ユーザーデータソースは、コンピュータのユーザー1名のみが使用できます。システムデータソースは、コンピュータの全てのユーザー、またはネットワークで接続されているユーザーが使用できます。

64ビット版のWindowsでWindows ODBCデータソースアドミニストレータを使用してシステムDSN(コンピューター データ ソース)を作成する場合、32ビットODBCデータソースアドミニストレータを使用する必要があります。このアドミニストレータを起動するには、C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exeを使用します。

MinitabでのODBCデータの変換方法

データベースレコードは行としてインポートされます。レコード内のフィールドは列としてインポートされます。インポートしたデータは、ワークシートの既存データの右側に置かれます。次の表は、フィールドの型と変換後の列の型との関係をまとめたものです。

データベースフィールドの型 Minitab列の型 注意
メモ型およびテキスト型 テキスト型 Minitabでは80文字を超える値は切り詰められます。
数値型、通貨型、およびカウンタ型 数値型  
Yes/No型 数値型

「Yes」の値は1に変換されます。

「No」の値は0に変換されます。

論理型(真/偽) 数値型

真の値は1に変換されます。

偽の値は0に変換されます。

日付/時刻 日付/時刻型  
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください