この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

角度をラジアンに変換します。Minitab計算機の三角法関数では、ラジアン単位の角度が必要になります。ラジアンと度は、角度の大きさを示す測定単位です。ラジアンでの角度の大きさは、頂角が単位円の中心にあるときの弧の長さと等しくなります。

たとえば、この単位円では、半径が1、円周が2πになっています。したがって、ラジアンでの角度θの大きさは、円周全体の1/4またはπ/2(およそ1.57)と等しくなります。

角度θの大きさは、度単位でも表すことができます。円の角度は360度と定義されているため、θは90度(90°)と等しくなります。次の表に、度とラジアンで表した角度の大きさを示します。

角度 ラジアン
45 π/4
60 π/3
90 π/2
180 π
ヒント

ラジアンを度に変換するには、角度関数を使用します。

構文

RADIANS(angle_in_degrees)

angle_in_degreesには、角度または角度の列を指定します。

計算機の式 結果
C1に45がある場合 RADIANS(C1) 0.785398163397
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください