アークタンジェント関数

この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

指定されたタンジェントに対応する角度を決定します。たとえば、1のアークタンジェントとは、タンジェントが1の角度、つまり角度π/4(0.785398ラジアン)のことです。

アークタンジェントは逆タンジェントとも呼ばれ、tan−1x、arctan x、またはatan xのように表すことができます。

構文

ATAN(number)

numberには、値または値の列を指定します。

計算機の式 結果
C1に25がある場合 ATAN(C1) 1.530817639672

用途

波動や季節パターンやなどの周期現象をモデル化するには、三角法関数を使用します。三角法関数は、電気工業、デジタル画像処理、X線、熱力学、電気通信のほか、科学技術のさまざまな分野での高度分析の基礎となります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください