この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

数値や日付/時刻の列または値をテキスト列に変換します。数値をテキストに変換すると、テキスト操作関数を使用して値の編集や操作ができます。

構文

TEXT(number)

numberには、数値か、数値または日付/時刻値の列を指定します。

数値列(C1)をテキスト列に変換するには、式TEXT(C1)を入力し、結果をC2に保存します。

C1 C2-T
   
233.4 233.4
45.1 45.1
341.7 341.7
22.56 22.56
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください