この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

平均を中心とする散布度、つまりデータの広がり方を測定します。最大値から最小値を引いて、その範囲からデータの広がりを推定し、標準偏差によって、個々の観測値の平均からの「平均」距離をおおまかに推定します。標準偏差が大きくなるほど、データの広がりも大きくなります。

構文

列統計量
STDEV(number)

numberに列番号を指定します。

行統計量
RSTDEV(number,number,...)

numberには、行の長さを定義する各列番号を指定します。

計算機の式 結果
C1に6、3、15がある場合 STDEV(C1) 6.245
C1に6、C2に3、C3に15がある場合 RSTDEV(C1,C2,C3) 6.245
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください