この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

値exを計算します。eは自然対数関数の底で約2.71828、xは入力した値です。たとえば、5の指数はe5で、約148.413です。一般に、関数y = exは、自然指数関数と呼ばれます。

計算機によっては指数関数を底eの逆対数関数として定義している場合があります。Minitabでは、逆対数関数は、底10の逆関数です。

構文

EXP(number)

numberには、値または値の列を指定します。

計算機の式 結果
EXP(2) 7.38905609893

用途

指数関数は通常、複利、放射性崩壊、または人口増加など一定の指数因子によって増減する量をモデル化するのに使用されます。

y = ex

xが増加すると、yは指数関数的に増加します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください