この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

現在の日付(12/5/2013など)を返します。この関数は、マクロや計算式で便利です。

構文

TODAY()

経理担当者が請求書の発送日列(C2)を使用し、料金が未納になっている期間を調べるとします。式TODAY()–C2を入力し、結果をC3に保存します。

C2-D C3
請求書発送 未払い日数
2/13 130
4/23 60
1/17 157
5/22 31
6/4 18
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください