この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

現在の日付と時刻(12/5/2015 10:36:41 AMなど)を返します。この関数は、マクロや計算式で便利です。

構文

NOW()

結果を列に保存する場合、出力は日付/時刻フォーマットになります。列の日付/時刻フォーマットを変更し、1秒以下の単位で時刻を表示できます。結果を定数に保存する場合は、出力は日付/時刻値の数値表現になります。WHEN関数を使用して、数値表現を日付/時刻値に変換できます。

コールセンターの責任者が、技術サポートの電話が未解決なまま放置される時間を調べるとします。最初の電話を受けてから経過した日数を確認するため、式NOW ()–C2を入力し、結果をC3に保存します。

C2-D C3
開始時間 解決までの時間(日数)
2/8/2016 9:15:41 1.9491
2/6/2016 10:21:36 3.90332
2/5/2016 8:45:03 4.97037
2/2/2016 11:11:54 7.86839
2/3/2016 2:10:30 7.24436
2/5/2016 16:09:03 4.66204
2/8/2016 15:17:36 1.69777
2/8/2016 12:30:37 1.81373
2/2/2016 8:31:06 7.98006
2/5/2016 9:10:49 4.95248
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください