この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

小数点第6位未満を切り捨てた定数π(3.141592)を挿入します。πは円の直径に対する円周率です。

構文

PI()

事前定義の定数K1000も使用できます。

直径が15の円の円周率を求める
計算機の式 結果
C1に15がある場合 C1*P() 47.12388980384689

用途

指定された半径(r)を持つ円に対し、πはその面積(πr2)と円周(2πr)を求めるために使用できます。この関係に基づき、πは円錐と円柱の体積と表面積を求めたり、液相流量や振り子の周期などの関連する現象を計算したりする際にも使用できます。

統計量では、πは正規分布の確率密度関数、およびロジスティック分布と極値分布の分散を計算する式で使用されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください