欠損値コード関数

この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

定数 *(欠損値記号)を挿入します。

構文

MISS()

式で欠損値記号*が必要な場合にこの欠損値コード関数を使用します。

C1のすべての1未満の数値を欠損値コードに変更するには、式IF(C1<1,MISS(),C1)を入力し、結果をC2に保存します。

C1 C2
   
6.00 6.00
3.23 3.23
4.72 4.72
3.21 3.21
0.27 *
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください