この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

小数点第6位未満を切り捨てた定数e(2.718281)を挿入します。

eは自然対数関数の底です。定数eは無理数で、1/0! + 1/1! + 1/2! + 1/3! + 1/4! + 1/5!...によって定義されます。

構文

E()

事前定義の定数K999も使用できます。

計算機の式 結果
C1に15がある場合 C1*E() 40.77422742688567

用途

eは、オイラー数またはネイピア数とも呼ばれ、指数的な増加および減少を確率値とともに計算するのに使用できます。統計学で、eは正規分布のつりがね型曲線などのデータ分布をモデル化する計算式でよく使用されます。また、ロジスティック回帰の応答変数の確率の計算にも使用されます。

定数eは、エンジニアリングの分野でも応用されています。たとえば電気車両(長さ、重さ、ケーブルや導線のストレスの計算)、上部構造(弾性曲線やつり橋のたわみの計算)、航空宇宙(最適な飛行機の表面コーティングの決定)などで使用されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください