この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

負の数値、ゼロ、正の数値をそれぞれ−1、0、および+1に変換します。符号関数を使用すると、列の数値をコード化できます。この関数は、マクロ、計算式、およびノンパラメトリック分析で便利です。

構文

SIGN(number)

numberには、変換する数値または数値の列を指定します。

計算機の式 結果
SIGN(452) 1
SIGN(-0.66) −1
SIGN(0) 0

異なる例として、「到着予定日からの日数」列を早い(−1)、遅い(+1)、予定どおり(0)でコード化するとします。計算機に、式SIGN (C2)を入力します。結果をC3に保存します。

C2 C3
到着予定日からの日数 SIGNSの値
−2 −1
−1 −1
3 1
0 0
2 1
−3 −1
0 0
−5 −1
−2 −1
1 1
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください