この関数を使用するには、計算 > 計算機を選択します。

入力列の最初のi行の積を保存列のi番目の行に保存します。たとえば、入力列C1の最初の3行の内容が2、5、および3ならば、保存列の最初の3行の内容は2(=2*1)、10(=2*5)、および30(=2*5*3)となります。

構文

PARP(number)

numberに入力列を指定します。

投資マネージャーが過去20年の平均年利率に基づき、投資が2倍になるのにどれくらい時間がかかるかを調べるとします。式PARP (C2)を入力し、結果をC3に保存します。

C1 C2 C3
利率 複利率
1 1.03 1.03000
2 1.05 1.08150
3 1.06 1.14639
4 1.04 1.19225
5 1.04 1.23994
6 1.04 1.28953
7 1.06 1.36690
8 1.05 1.43525
9 1.04 1.49266
10 1.03 1.53744
11 1.05 1.61431
12 1.06 1.71117
13 1.04 1.77962
14 1.06 1.88639
15 1.05 1.98071
16 1.04 2.05994
17 1.05 2.16294
18 1.07 2.31435
19 1.06 2.45321
20 1.06 2.60040

C3の部分積に基づき、マネージャーは複利率が16年目に2を超えることを確認しました。したがって、元の投資は約15年で2倍になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください