バリューストリームマップ

バリューストリームマップを使用して、製品またはサービスがバリューストリームを通過する際の材料と情報の流れを示します。
バリューストリームマップには、製品またはサービスを生成するために必要なすべてのアクティビティが含まれます。

現在のプロセスまたは将来使用したいプロセスを表すバリューストリームマップを作成できます。

現在の状態マップ

現在の状態のバリューストリームマップは、無駄を識別し、改善された将来の状態をイメージするのに役立ちます。

現在の状態マップは、次の質問に答えます。
  • プロジェクト開始時の実際のプロセスはどのようなものか?
  • プロセスはどこで開始および終了するか?
  • バリューはプロセスを通してどのように流れるか?
  • プロセスのどのステップが価値を付加し、どのステップが価値を付加しないか?
  • 情報の流れと材料の流れの関係は?
  • プロセスの平均サイクルタイムはどのくらいか?
  • プロセス内で保持される在庫のレベルはどのくらいか?その在庫はどこにあるか?
  • バリューストリームの廃棄物の原因は何か?
  • プロセスのどの領域で最も改善が必要か?

将来の状態マップ

現在の状態マップから将来の状態マップを作成します。プロセスを常に改善できるため、将来の状態マップをいつでも作成できます。継続的な改善は、バリューストリームマップの主要な焦点です。

将来の状態マップは、次の質問に答えます。
  • 上流プロセスを管理するためにスーパーマーケットのプル型システムが必要になるのはどこか?
  • 連続フロー処理はどこで使用できるか?
  • いつ生産をスケジュールするか?
  • プロダクションミックスをどのように平準化するか?
  • プロセスのステップを簡素化したり、または排除したりするにはどうすればよいか?
  • プロジェクト終了時の実際のプロセスはどのようなものか?

使用方法

  1. マッピング作業を主導するバリューストリームマップマネージャーを割り当て、チームがプロジェクトに関与している場合でもバリューストリームマップ全体を描画します。これにより、マネージャは材料と情報の流れを確実に理解できます。
  2. プロセスの内部および外部の顧客とその顧客要件を特定します。顧客にとって価値が何を意味するのかを明確に理解することが重要です。
  3. プロセスを進めて、資料と情報の流れが正確であることを確認します。
    • プロセスの開始位置と終了位置を決定します。現在の状態を文書化するためにプロセスを進めるときは、将来の状態マップの作成に役立つ無益な点を記録しておきます。
    • プロセスの最後に開始し、上流で作業して、サイクルタイム、在庫、機械の稼働時間、隣接するステップまでの距離、欠陥情報、切り替え頻度、切り替え時間など、プロセスの各ステップに関する詳細を収集します。
    • プロセスが本来どのように動作するように設計されていたか、どのように動作するべきかではなく、現時点で動作しているプロセスを記録します。
    • 小さな一歩を積み重ねることに集中してください。ストップウォッチを使用してサイクルタイムを取得できます。
    • クリティカルパスとボトルネックを特定します。
  4. プロセスを文書化すると、主要な内部出力、スキル、または運用場所に基づいて、バリューストリームを論理サブセクションに分割できます。
  5. 将来の状態マップを作成します。
  6. 将来の状態を実現するためのプランを実装します。新しい現状が出現し、新しい将来の状態が描かれ、継続的な改善がなされてゆきます。

詳細については、マップを追加する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください