正規性検定を使用して、データが正規分布に従わないかどうかを判断します。

たとえば、加工食品メーカーの食品科学者が自社のボトル入りソースの脂肪含有率を評価し、脂肪含有率が宣伝している値15%と異なっていないことを確認したいと考えています。科学者は、このデータで他の分析を実行する前に、データが正規分布に従わないかどうかを判断したいと考えています。例を参照するには、Minitab ヘルプ:正規性検定の例に移動します。

正規性検定の出力を追加するには、フォームを追加して入力するに進みます。

データに関する考慮事項

データは連続値である必要があります。サンプルサイズは20より大きい必要があります。20 よりも小さいサンプルサイズでは、サンプルデータと正規分布の間の有意な差を検出するには検出力が不十分となる可能性があります。詳細については、Minitab ヘルプ:正規性検定のデータに関する考慮事項を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください