複数のグループの分散または標準偏差が異なるかどうかを判定するには、等分散性検定を実行します。

例えば、ある木材卸売り会社が、切断プロセスのばらつきをプロセス改善前と後で比較したいとします。例を参照するには、Minitab ヘルプ:等分散性検定の例に移動します。

等分散検定の出力を追加するには、フォームを追加して入力する に進みます。

データに関する考慮事項

少なくとも 1 つのカテゴリ因子 (X) と 1 つの連続応答 (Y) が必要です。等分散検定を使用するには、入力の各水準でサンプルを収集する必要があります。サンプルサイズは 20 より大きい必要があります。サンプルサイズが 20 未満のグループが複数ある場合、多重比較の p 値は有効ではない場合があります。詳細については、Minitab ヘルプ:等分散検定のデータに関する考慮事項 を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください