管理図を使用すると、プロセスが管理外になっている場合を示し、特殊原因による変動が存在するかどうかを識別するのに役立ちます。

管理図を追加するには、フォームを追加して入力する に進みます。

C 管理図

C 管理図を使用して、各項目に複数の欠陥がある可能性がある欠陥数を監視します。 C 管理図は、サブグループサイズが等しい場合にのみ使用してください。サブグループのサイズが等しくない場合は、U 管理図を使用します。

たとえば、ある壁紙製造会社の品質エンジニアが、印刷プロセスの安定性を評価する計画を立てています。エンジニアは 1 時間ごとに 100 フィートの壁紙のサンプルを抽出し、印刷の欠陥数を数えます。印刷の欠陥には、印刷のにじみ、パターンのゆがみ、インクの印刷落ちがあります。例を参照するには、Minitab ヘルプ:C 管理図の例に移動します。

データに関する考慮事項

各品目またはユニットの欠陥数を数えることができなければなりません。サブグループのサイズが等しいか、またはほとんど等しい必要があります。詳細については、Minitab ヘルプ:C 管理図のデータに関する考慮事項を参照してください。

I-MR 管理図

I-MR 管理図を使用して、サブグループ単位ではない個々の観測値で構成される連続データがある場合に、プロセスの平均と変動を監視します。

ある病院の経営者が、外来患者に対するヘルニアの手術時間が安定しているか、そして手術時間の変動が安定しているかどうかを判断しようとしているとします。データがサブグループで収集されていないので、経営者は I-MR 管理図を使用して手術時間の平均と変動を監視します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:I-MR 管理図の例に移動します。

データに関する考慮事項

データは連続的で、サブグループではなく個別の観測値として収集する必要があります。詳細については、Minitab ヘルプ:I-MR 管理図のデータに関する考慮事項を参照してください。

NP 管理図

NP 管理図を使用して、各品目を合格または不合格などの 2 つのカテゴリのいずれかに分類可能な場合の不良品の数を監視します。

たとえば、配送サービスマネージャがNP管理図を使用して、走行不能の配送車両の数を 2 か月間毎日追跡しました。走行不能な車両は、不良品目と見なされます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:NP 管理図の例に移動します。

データに関する考慮事項

サブグループのデータを収集します。品目は、合格または不合格などの 2 つのカテゴリのいずれかに分類される必要があります。詳細については、Minitab ヘルプ:NP 管理図のデータに関する考慮事項を参照してください。

P 管理図

P 管理図を使用して、各品目を合格または不合格などの 2 つのカテゴリのいずれかに分類可能な場合の不良品の比率を監視します。

たとえば、配送サービスマネージャが P 管理図を使用して、走行不能な配送車両の比率を 2 か月間毎日追跡しました。走行不能な車両は、不良品目と見なされます。例を参照するには、Minitab ヘルプ:P 管理図の例に移動します。

データに関する考慮事項

サブグループのデータを収集します。品目は、合格または不合格などの 2 つのカテゴリのいずれかに分類される必要があります。詳細については、Minitab ヘルプ:P 管理図のデータに関する考慮事項を参照してください。

ランチャート

ランチャートを使用して、特別原因による変動の存在を示すデータのパターンまたはトレンドを探します。 ランチャートには、プロセスデータが収集順にプロットされます。

たとえば、管理図を使用して、プロセスが安定していることを確認できます。次に、ランチャートを使用して、管理図では検出できないが、潜在的なプロセス改善の手がかりとなるパターンを特定します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:ランチャートの例に移動します。

データに関する考慮事項

連続または離散データは、個々の観測値またはサブグループとして収集することができます。期待される変動範囲を表すのに十分なデータを収集します。データには、データ点を少なくとも 3 つのデータ点を含める必要があります。ただし、関心対象期間におけるパターンを表すために十分なデータを収集してください。詳細については、Minitab ヘルプ:ランチャートのデータに関する考慮事項を参照してください。

U 管理図

U 管理図を使用して、各品目に複数の欠陥がある可能性がある欠陥の数を監視します。

たとえば、ある LCD メーカーが 17 インチの LCD 画面のデッドピクセル数を監視したいとします。技術者が、各画面の常時消灯ドット数を記録します。各サブグループの画面数は異なります。メーカーは U 管理図を使用して、画面あたりのデッドピクセル数の平均を監視します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:U 管理図 - 例に移動します。

データに関する考慮事項

各品目またはユニットの欠陥数を数えることができなければなりません。詳細については、Minitab ヘルプ:U 管理図のデータに関する考慮事項を参照してください。

Xbar-R/S 管理図

Xbar-R/S 管理図は、2 つの管理図で構成される管理図です。

Xbar-R 管理図は、サブグループサイズが 8 以下の連続データを使用して、プロセスの平均と変動を監視するために使用します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:Xbar-R 管理図の例に移動します。

Xbar-S 管理図は、サブグループサイズが 9 以上の連続データを使用して、プロセスの平均と変動を監視するために使用します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:Xbar-S 管理図の例に移動します。

データに関する考慮事項

データは、合理的サブグループで収集された連続する Y である必要があります。詳細については、Minitab ヘルプ:Xbar-R 管理図のデータに関する考慮事項、またはXbar-S 管理図のデータに関する考慮事項を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください