工程能力分析 (属性)

二項分析または Poisson 工程能力分析を使用して、属性データがある場合にプロセスが顧客の要件を満たしているかどうかを判断します。

属性工程能力分析の出力を追加するには、フォームを追加して入力する に進みます。

工程能力分析 (二項)

二項工程能力分析を使用して、不良品の割合が顧客の要件を満たすかどうかを判断します。 この方法は、各項目が合格または不合格などの 2 つのカテゴリのいずれかに分類される場合に使用します。

たとえば、コールセンターのスーパーバイザーは、二項工程能力分析を使用して、リダイレクトされる未応答コールの割合が安定していて 20% 未満であるかどうかを判断します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:二項工程能力分析の例に移動します。

データに関する考慮事項

データは不良品の度数である必要があります。少なくとも 25 のサブグループを収集してください。十分に長い期間をかけて十分な量のデータを収集しない場合、そのデータはさまざまなプロセス変動要因を正確には代表しておらず、推定値はプロセスの真の工程能力を示していない可能性があります。詳細については、Minitab ヘルプ:二項工程能力分析のデータに関する考慮事項を参照してください。

工程能力分析 (Poisson)

Poisson を使用して、単位当たりの欠陥率 (DPU) が顧客の要件を満たすかどうかを判断します。 この分析は、各項目で欠陥数を数え、各項目に複数の欠陥がある可能性がある場合に使用します。

たとえば、繊維メーカーが Poisson 工程能力分析を使用して、生地 100 ヤードあたりの欠陥数を決定し、欠陥率が安定しているかどうかを評価します。例を参照するには、Minitab ヘルプ:Poisson 工程能力分析の例.

データに関する考慮事項

各品目またはユニットの欠陥数を数えることができなければなりません。少なくとも 25 のサブグループを収集してください。十分に長い期間をかけて十分な量のデータを収集しない場合、そのデータはさまざまなプロセス変動要因を正確には代表しておらず、推定値はプロセスの真の工程能力を示していない可能性があります。詳細については、Minitab ヘルプ:Poisson 工程能力分析のデータに関する考慮事項を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください