検査者が、検査者自身、他の検査者、または既知の標準と一貫性があるかどうかを評価するには、属性の一致性分析を使用します。

たとえば、ある品質エンジニアが、綿布地のプリント品質を評価する検査者の評価の一貫性と正確性を評価したいと考えています。例を参照するには、Minitab ヘルプ:属性の一致性分析の例に移動します。

属性の一致性分析からの出力を追加するには、 フォームを追加して入力するに進みます。

データに関する考慮事項

データは Y の離散値でなければならず、バイナリ値、名義値、順序値のいずれかです。属性の一致性分析は、バイナリkデータ (良いか悪いか)、名義データ (黄色、青、茶色)、または順序データ (カテゴリが値順である 1、2、3、4) に使用できます。適切な一致性の推定値を得るためには、少なくとも50個のサンプルが必要です。プロセス変動範囲全体からサンプルを選択します。サンプル数が少なく反復数が多いよりも、サンプル数が多く反復数が少ない方が望ましいです。さらなる詳細については、Minitab ヘルプ:属性の一致性分析のデータに関する考慮事項を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください