品質機能展開プロジェクト を使用すると、スコアカードの概要デザインスコアカード: 部品 および デザインスコアカード: 性能 フォームを使用できます。スコアカードは、エンジニアリングメトリックを要約し、プロジェクトの可視性を提供し、組織内のコミュニケーションを促進します。 詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

デザインスコアカード: 部品

デザインスコアカード: 部品 フォームを使用して、部品の製造状況を評価します。このフォームは、品質マトリックス2の家 から設計パラメータを評価し、欠陥レベルの確率の予測、工程能力の計算、目標の設定を可能にするのにも役立ちます。

デザインスコアカード: 部品 は以下の質問に答えます。
  • 各設計パラメータの単位あたりの欠陥(DPU)はいくらか?
  • どの DPU メソッドが使用されているか?

使用方法

このフォームでは、ハウスオブクオリティ 行列からの設計パラメータを使用します。部門横断的なチームとして、次の手順を実行します。
  1. すべての部品 テーブルで、残りの列に入力します。
  2. DPU データ で、適切な DPU方式 を選択して、変数を適切なテーブルに移動します。
  3. DPU を計算するには、各テーブルの残りの列に入力します。
  4. 部品スコアカードの概要 を確認します。
  5. スコアカードの要約フォームを開き、部品 行の値を確認します。

デザインスコアカード: 性能

デザインスコアカード: 性能 フォームを使用して、製品のパフォーマンスを評価します。このフォームは、品質マトリックス1の家 からパフォーマンス基準を評価し、欠陥レベルの確率の予測、工程能力の計算、目標の設定を可能にするのにも役立ちます。

デザインスコアカード: 性能 は以下の質問に答えます。
  • 各性能基準の単位あたりの欠陥 (DPU) はいくらか?
  • パフォーマンス基準をどの程度うまく測定できるか?
  • どの DPU メソッドが使用されているか?

使用方法

このフォームは、ハウスオブクオリティ 行列からのパフォーマンス基準を使用します。部門横断的なチームとして、次の手順を実行します。
  1. 全製品特性表 で、残りの列に入力します。
  2. DPU データ で、適切な DPU方式 を選択して、変数を適切なテーブルに移動します。
  3. DPU を計算するには、各テーブルの残りの列に入力します。
  4. パフォーマンススコアカードの概要 を確認します。
  5. スコアカードの概要 フォームを開き、性能 行の値を確認します。

スコアカードの概要

スコアカードの概要 を使用して、すべての設計スコアカードから集計された結果を表示します。

使用方法

設計スコアカードに記入します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください