ラインバランシングフォーム

ラインバランシングフォームを使用して、プロセスマップまたはバリューストリームマップ上の複数の操作のサイクルタイムを takt タイムと比較します。

ラインバランシング - バリューストリームマップ フォームと ラインバランシング - 工程マップ フォームは、セルまたは一連のプロセスステップのバランスを取ろうとする場合に便利です。待つことの無駄を強調します。

理想的には、サイクルタイムは類似しており、takt タイムに達するか、またはわずかに下回っている必要があります。これらのツールを使用して、提案されたセルの行のバランスを取る場合は、まずプロセスマップを作成または編集して、それらのステップを含める必要があります。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

使用方法

ラインバランシング - 工程マップ を使用するには、まずプロセスマップを作成または編集して、これらのステップを含める必要があります。ラインバランシング - バリューストリームマップ を使用するには、まず値ストリームマップを作成または編集して、これらのステップを含める必要があります。

  1. プロセスマップまたはバリューストリームマップを作成または編集して、サイクルタイムと takt タイムを含めます。
  2. 操作を追加するには、列の上にポインターを置いたまま、追加/削除ボタンを選択します。
    • ラインバランシング - 工程マップ には、既存のアクティビティの選択 を選択します。
    • ラインバランシング - バリューストリームマップ には、既存の VSM 図形データの選択 を選択します。
    棒グラフには、サイクルタイムと各操作の takt タイムが表示されます。
  3. 操作の「what-if」サイクル タイムを入力し、実際の値と「what-if」値を比較する棒グラフを表示します。

    オプションの what-if サイクル タイム 列に値を入力すると、ツールはこのサイクルタイムを元のサイクルタイムと takt タイムの両方と比較します。

  4. 日次生産が作業ごとに異なる場合は、テーブルに入力することができます。
  5. 概要 では、what-if の変更の説明を入力したり、将来のアクティビティを提案したりできます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください