Pareto図ワークシート

Pareto図ワークシート フォームを使用して、プロセス出力に最も大きな影響を与える入力またはカテゴリを評価します。
Pareto図ワークシート は以下の質問に答えます。
  • どの欠陥が最も頻繁に発生するか?
  • どの欠陥のコストが最も高いか、または低品質コスト (COPQ) を発生させるか?
  • どの入力が最も多くの欠陥を引き起こすか、または引き起こす欠陥が最も少ないか?

使用方法

データは、ある列に記録された集計カテゴリ (欠陥) 名で、別の列の集計数またはコスト値と一致する必要があります。

  1. 比較する欠陥と、それらを集計する方法 (数、コストなど) を決定します。
  2. ラベル(L) 列に、欠陥名を記録します。
  3. 列に、各欠陥の発生回数またはコストを記録します。
  4. 完成した Pareto チャートを表示し、結論 セクションに結果を要約します。

全欠陥の約 80% を占める欠陥に重点的に取り組みます。こういった欠陥は、プロセス出力に最も大きく影響する可能性があります。Pareto チャートが平坦な場合は、コストなどの他の要因を特定するか、欠陥を再定義して主要な問題領域をより適切に特定することを検討してください。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください