棒グラフワークシート

棒グラフワークシート を使用して棒グラフを作成し、複数のカテゴリのデータ (前と後など) にわたって値を比較します。 例えば、プロセス入力のさまざまなレベルについて、欠陥率、COPQ、またはその他の類似のメトリックを比較できます。
棒グラフワークシート は以下の質問に答えます。
  • 離散プロセス入力への変更は、プロセス出力に影響を与えるか?
  • プロセスに変更を加えた場合、プロセス出力への影響は同じか、比例的に同じか、それとも異なるか?

使用方法

データには、1 つの変数の要約値が含まれている必要があります。オプションで 2 水準から成る 2 番目のカテゴリ変数を持つこともできます。

データ値がある場合は、他のグラフを使用します。集計された値の代わりにデータをプロットすると、データに関する詳細情報が得られます。詳細については、データをグラフ化する を参照してください。

  1. ワークシートに、各カテゴリ変数のラベルと値を入力します。
  2. 前/後など、2 番目の 2 水準カテゴリ変数を比較するには、比較値と各バークラスターのラベルを入力します。
  3. 完成した棒グラフを表示し、結果を要約します。

詳細については、フォームを追加して入力する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください