デザイン モードのフォームに コントロールを挿入すると、次の数式関数を使用できます。

数学関数

絶対値
負の数値を正の数値に変更します。正の数値とゼロは変更されません。

: ABS(-5) は 5 を返します。

除算
最も近い整数に切り捨てられた除算を計算します。

: DIV(33, 2) は 16 を返します。

指数
E を累乗に上げる計算をします。e は定数 2.718281 です。

: EXP(2) は 7.39 を返します。

階乗
値の階乗を計算します。

: FACT(6) は 720 を返します。

逆数
値の逆数を計算します。

: INV(4) は 0.25 を返します。

基数10の対数
底が 10 の対数を計算します。対数で底 10 は、正の数専用に定義されます。ある数に 10 を掛けたときに対数は 1 増え、10 で割ると 1 減ります。

: LOGTEN(10000) は 4 を返します。

対数
指定した基数に対する対数を計算します。

: LOG(125, 5) は 3 を返します。

自然対数 (基数eの対数)
底が e の対数を計算します。

: LN(100) は 5 を返します。

部分積
行 1 から現在の行までの行の積を計算します。
: 2 つの列を持つデータ入力テーブルをセットアップします。列 1 にはデータ値が、列 2 には式 PARP(Control1) が含まれます。
列 1 列 2
3 3
4 12
5 60
部分和
行 1 から現在の行までの行の合計を計算します。
: 2 つの列を持つデータ入力テーブルをセットアップします。列 1 にはデータ値が、列 2 には式 PARS(Control1) が含まれます。
列 1 列 2
1 1
4 5
5 10
累乗
数値の累乗を計算します。

: POWER(10,2) は 10 を 2 乗に上げます (100 に等しくなります)。

連続する数値の積を計算する

: Control1 に 2、3、および 4 が含まれている場合、PRODUCT(Control1) は24=(2 * 3 * 4) を返します。PRODUCT をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

剰余
値を除数で割った余り (剰余) を計算します。

: MOD(10, 3) は 1 を返します。

丸め
値を指定された小数点以下の桁数に丸めます。

: ROUND(3.05882, 2) は 3.06 を返します。

平方根
正の数の平方根を計算します。値が負の数の場合は、平方根 * を返します。

: Control1 は、値 100 を含むテキストボックスです。SQRT(Control1) は 10 を返します。

値のリストの合計を計算します。

: データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 1、2、3、4。SUM(Control1) は 10 を返します。データ入力テーブルで SUM を使用する場合は、数式コントロールをヘッダーまたはフッターのセルに配置する必要があります。

積の和
2 つの数値配列の積の合計を計算します。

: Control1 に 2、1、2 がある場合Control2 に 2、2、3 がある場合SUMPRODUCT(Control1, Control2) は 12=(2*2 + 1*2 + 2*3) を返します。SUMPRODUCT をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーセルまたはフッターセルでのみ使用してください。

統計関数

カウント
観測値数を計算します。

: データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 2、3、4、7、1。COUNT(Control1) は 5 を返します。

標準正規分布の累積分布の逆数
逆累積分布関数は、確率密度関数の下の領域に関連する値を計算します。分布は平均が 0 で標準偏差が 1 です。

: NORMSINV(.05) は -1.645 を返しますが、これは確率密度曲線上の点であり、その下に全面積の 5% があります。

最大
一連の数の中で最大の値を返します。

: データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 2、4、6、8、10。MAX(Control1) は 10 を返します。MAX をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

平均値
平均または平均を計算します。

: データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 2、4、6、8、10。MEAN(Control1) は 6 を返します。MEAN をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

中央値
データのメジアン (中央値) を計算します。n 個の値を含む一連の数では、n が奇数の場合は、中央の値がメジアンとなりますが、n が偶数の場合は、中央の 2 つの値の平均がメジアンです。

: 例えば、データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 1、2、3、4、5。MEDIAN(Control1) は 3 を返します。MEDIAN をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

最小
一連の数の中で最小の値を返します。

: データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 2、4、6、8、10。MIN(Control1) は 2 を返します。MIN をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

範囲
一連の値の最大値と最小値の差を計算します。

: Control1 に 10、30、40、60 が含まれる場合、RANGE(Control1) は50=(60 - 10) を返します。RANGE をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

標準偏差
平均を中心とする散布度、つまりデータの広がり方を測定します。

: データ入力テーブルの Control1 には、以下の値が含まれます: 80、80、80、80。STDEV(Control1) は、値が変化しないため、0 を返します。値が 80、90、100、および 110 の場合、STDEV(Control1) は 12.91 を返します。STDEV をデータ入力テーブルで使用する場合は、ヘッダーまたはフッターのセルでのみ使用してください。

標準正規分布の累積分布
確率密度関数の下の領域を返します。分布は平均が 0 で標準偏差が 1 です。

: NORMSDIST(0) は、分布の 50% が 0 を下回るため、0.50 を返します。

財務関数

このセクションの構文例では、次の変数を使用します。
  • 期間数 は支払期間の数です。
  • は、各期間の一定金利です。
  • は、ある期間に支払期日が到来するタイミングで、1 は開始を表し、0 は終了を表します。

次の例では、米ドルを使用しています。

将来の値 (FV)
一定期間にわたる支払いの結果としての投資の将来価値を計算します。
  • 構文: FV(率, 期間数, 支払い, 現在の値, 型)
  • : 0 ドルから始めて、月額 10 ドルを 5% の年間金利で 1 年間投資し、毎月複利にします。FV(0.05/12, 12, -10, 0, 0) は 122.79 ドルを返します。したがって、この投資は 1 年後に 122.79 ドルの価値を持ちます。

レート R は 10 進数形式でなければならず、期間ごとの利率を指定する必要があります。たとえば、年利 6% で 12 年後の 5,000 ドルの将来価値を計算するには、FV(.06, 12, 5000) と入力します。年率 6% で 12 四半期後の 5000 ドルの将来価値を計算するには、FV(.06/4, 12, 5000) と入力します。

支払い (PMT)
一定の利率で年金の定期支払を計算します。
  • 構文: PMT(率,期間数, 現在の値, 将来の価値, 型)
  • : 10,000 ドルの支払い、4 年ローン、7.25% のレートで毎月複利化。PMT(0.0725/12, 48, 10000, 0, 0) は -240.62 ドルを返します。したがって、支払いは月額 240.62 ドルになります。
現在の値 (PV)
一定期間にわたる支払いの結果としての投資の現在価値を計算します。
  • 構文: PV(率, 期間数, 支払い, 将来の価値, 型)
  • : 今後5年間、年 1 回、年利 6.5% で 100 ドルの支払いを受ける。PV(0.065, 5, 100, 0, 0) は 415.57 ドルを返します。したがって、5 年間年間 100 ドルの支払いを受け取ることは、現在 415.57 ドルを受け取るのと同じです。

論理関数

および
すべての条件が真であるかどうかをチェックします。すべての条件が満たされている場合は真を返し、それ以外の場合は偽を返します。(IF ステートメントの最初の用語としてのみ使用されます。)

: IF(AND(Control1="yes",Control2="yes"), 1, 0) は、Control1 および Control2 の値が "yes" の場合に 1 を返し、他のすべての値に対して 0 を返します。

次の場合に配列
条件を満たす値のリストを返します。数式を含むデータ入力テーブルには、条件を満たす値の数と同じ行数が含まれている必要があります。
  • : ARRAYIF(Control1, Control1>5) は、Control1 内の 5 より大きい値のリストを返します。
  • : ARRAYIF(Control1, Control2=MAX(Control2)) は、Control2 の最大値に関連付けられた Control1 の値を返します。
次の場合にカウント
条件が満たされた回数を返します。繰り返し行または列で、行または列で条件が満たされた回数を返します。ヘッダーまたはフッターで、テーブルで条件が満たされた回数を返します。

: Control1 には、値2、3、4、7、1 が含まれます。COUNTIF(Control1>3) は 2 を返します。

条件
条件が満たされているかどうかをチェックし、真の場合は 1 つの値、偽の場合は別の値を返します。

: IF(Control1="yes", 1, 0) は、Control1 の値が "yes" の場合は 1 を返し、他のすべての値には 0 を返します。

偽を真に変更するか、真を偽に変更します。論理条件を否定するために使用します。

: NOT(ISMISSING(Control1)) は、Control1 に値が含まれている場合は 1 を返し、Control1 に値が含まれていない場合は 0 を返します。

または
いずれかの条件が真であるかどうかをチェックします。少なくとも 1 つの条件が満たされている場合は真を返し、それ以外の場合は偽を返します。(IFステートメントの最初の用語としてのみ使用されます。)

: IF(OR(Control1="yes", Control2="yes"), 1, 0) は、Control1 または Control2 の値が "yes" の場合は 1 を返し、どちらのコントロールにも "yes" が表示されない場合は 0 を返します。

テキスト関数

テキスト文字列を二重引用符で囲みます。
連結
複数のテキスト文字列を 1 つのテキスト文字列に結合します。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: Control1 に "合計"、Control2 に "欠陥" がある場合。CONCATENATE(Control1, Control2) は "合計欠陥" を返します。

検索
別のテキスト文字列内の 1 つのテキスト文字列の開始位置を返します (左から数えます)。FIND では大文字と小文字が区別されます。

: Control1 に "B32A64S" がある場合。FIND("A", Control1) は、A がテキスト文字列の 4 番目の文字であるため、4 を返します。FIND("a", Control1) は、関数が大文字と小文字を区別するため、エラーメッセージを返します。

左(L)
テキスト文字列の先頭から指定された数の文字を返します。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: LEFT("Project Start Date", 7) は "Project" を返します。

長さ
テキスト文字列の文字数 (空白を含む) を計算します。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: LENGTH("Project Start Date") は 18 を返します。

中央
開始位置と文字数を指定して、テキスト文字列の中央の文字を返します。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: MID("Project Start Date", 9, 10) は "Start Date" を返します。

繰り返し
指定した回数繰り返した文字を返します。最初の引数の繰り返し文字は、引用符で囲む必要があります (コントロールでない限り)。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: Control1 には、値 2、4、1 が含まれ、整数形式です。REPT("1",Control1) は 11、1111、1 を返します。

右(R)
テキスト文字列の末尾から指定された数の文字を返します。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: RIGHT("Project Start Date", 10) は "Start Date" を返します。

テキスト
数値をテキスト値に変換します。数式コントロールのデータ型はテキストである必要があります。

: TEXT(10) は "10" を返します。

日付関数

日付
指定された年、月、および日の日付を返します。

: DATE(2021, 01, 01) は、数式コントロールのデータ型が数値で、形式が日付に設定されている場合、2021/01/01 を返します。形式が日付でない場合は、数値の日時コードで日付を表す数値を返します。

日付の違い
ある日付から次の日付までの経過日数 (2 つの日付の差) を返します。数式コントロールのデータ型は数値である必要があります。

: DATEDIF(Control1, Control2) は、Control1 に 2021 年 10 月 13 日 の日付が含まれ、Control2 に 2021 年 10 月 25 日 の日付が含まれている場合、12 を返します。

日付 (1~31 の数) を返します。

: 日付ピッカー Control1 には、2021 年 12 月 20 日の日付が含まれます。DAY(Control1) は 20 を返します。

月を 1 (1 月) から 12 (12 月) までの数値で返します。

: 日付ピッカー Control1 には、2021 年 12 月 20 日の日付が含まれます。MONTH(Control1) は 12 を返します。

日付の年を返します。

: 日付ピッカー Control1 には、2021 年 12 月 20 日の日付が含まれます。YEAR(Control1) は 2021 を返します。

その他関数

配列
条件を満たす値のリストをデータテーブルから返します。ARRAY には、少なくとも 2 つの引数が必要です。
: 4 行のデータ入力テーブルの Control1 の ARRAY(1, 2, 3, 4) は、以下の結果を返します。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
エラー
ツールヒントメッセージを含むエラーを生成します。数式で、ツールヒントのテキストを引用符で囲みます。IF ステートメントの一部として使用します。

: 続行するために "yes" の回答を必要とするフォームを作成します。IF(Control1="yes", "Continue", ERROR("This value must be yes to complete the remainder of this form.")) は Control1 の値が "yes" の場合は "Continue" を返し、Control1 が "yes" でない場合はエラーメッセージを返します。

インデックス
行または列のインデックスを、最初の行または列から始まる 1 ずつの増分で返します。この関数は引数を使用しません (括弧の間に値を挿入しないでください)。この関数の数式管理は、データ入力テーブル内になければなりません。
: データ入力テーブルが 5 行ある場合、INDEX( ) は次の結果を返します。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
欠落
値が欠落していないかどうか、または数式でエラーが生成されていないかどうかをチェックします。1 (真) または 0 (偽) を返します。

: Control1 には、数値ボックスコントロールが含まれます。ISMISSING(Control1) は、数値ボックスに値が含まれていない場合は 1 を返し、数値ボックスに値が含まれている場合は 0 を返します。

シーケンス
開始番号と指定した増分に基づいて、一連の数値を返します。この関数の数式管理は、データ入力テーブル内になければなりません。
: データ入力テーブルが 5 行ある場合、SEQUENCE(-10, 4) は次の結果を返します。
  • -10
  • -6
  • -2
  • 2
  • 6
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください