人員、機械、材料 特性要因図 (6M とも呼ばれます) を使用して、問題の潜在的な要因を特定します。
人員、機械、材料 特性要因図は、潜在的な要因を次のカテゴリに分類します。
  • 人員 (Man)
  • 材料 (Materials)
  • 機械 (Machines)
  • メソッド (Methods)
  • 測定 (Measurements)
  • 環境 (Environment)

使用方法

  1. プロジェクトチームと適切な利害関係者を集めて、ブレインストーミングセッションを行います。
  2. カテゴリごとに、考えられるすべての要因またはプロセス入力をリストします。一次カテゴリの二次カテゴリを作成し、二次カテゴリの下に要因またはプロセス入力を一覧表示することができます。要因の標準カテゴリが問題に適切でない場合は、新しいカテゴリを作成します。特性要因図では調査対象としてどのような種類の要因でも使用することができます。
  3. 最も重要な要因を特定する。

ブレインストーミングリスト内のアイデアをすばやくブレインストーミングし、それらを図にドラッグして、関連するアイデア間の関連付けを作成できます。詳細については、ブレインストーミングリストを生成する を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください