データアーキテクトは、設定 ページを使用して、システム全体の設定を適用し、外部のビジネスインテリジェンスシステムおよびアプリケーションのAPIトークンを管理します。

デフォルトレポート

デフォルトレポートは、ユーザーがダッシュボードを初めて開いたときに表示されます。デフォルトレポートは、ユーザーが独自のデフォルトレポートを選択するまで表示され続けます。

会計年度

会計年度を開始する月は、ダッシュボードレポートおよびフォームの財務データを計算するための数式で使用されます。

APIトークン

APIトークンは、外部のビジネスインテリジェンスシステムおよびアプリケーションからのすべての Engage データ (プロジェクト件数を除く) へのアクセスを提供します。Engage でAPIトークンを作成すると、ビジネスインテリジェンスシステムまたはアプリケーションに、他の内部グループやシステムからのデータと共に Engage データを含めることができ、組織の全体的な状態を統合的な全体像で把握できます。

APIトークンを作成および取り消すことができるのは、データアーキテクトだけです。ただし、トークンを持つ人は誰でもあなたの Engage データにアクセスできます。したがって、APIトークンはパスワードと同じように扱う必要があります。

トークンを作成する

トークンを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. 設定 を選択します。
  2. API トークンで、トークンの有効期限を設定します。明日から、今日から1年後までの日付を選択します。

    有効期限を設定しない場合、トークンは作成日から1年で有効期限が切れます。すべてのデータアーキテクトは、トークンの有効期限の7日前とトークンの有効期限が切れた後に電子メール通知を受け取ります。

  3. 新しいリンクを追加 を選択します。
  4. パスワードのコピー を選択します。これはパスワードをコピーする唯一のチャンスです。
  5. パスワードがクリップボードにコピーされたという確認を受け取ったら、閉じる(C) を選択します。すべてのデータアーキテクトは、トークンが作成されたことを示す電子メール通知を受信します。
  6. API URLをメモまたはコピーします。このURLは、Engage からデータを取得する外部システムまたはアプリケーションを設定するために必要です。

    API URL を問題なく参照できるようにするために、ダッシュボードのデータカテゴリまたはプロパティの表示名で使用される #$%^!&*(&@) などの特殊文字はアンダースコアに置き換えられます。

トークンを作成した後は、編集できません。

トークンを取り消す

取り消すことができるのは、アクティブなトークンのみです。データアーキテクトは、トークンを作成しなかった場合でも、トークンを取り消すことができます。

トークンを取り消すには、以下の手順を実行します。
  1. 設定 を選択します。
  2. API トークンの、取り消すトークンの行で、トークンの取り消し アイコンを選択します
  3. トークンの取り消し ダイアログボックスで、取り消す を選択します。すべてのデータアーキテクトは、トークンが取り消されたという電子メール通知を受信します。

トークンを取り消すと、元に戻すことはできません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください