脈拍データ

ある医療研究者は、さまざまな因子が脈拍に与える効果を調べようとしています。研究者は、91人の学部生の身長、体重、性別、喫煙状況、運動レベル、および休息時脈拍を記録します。そして、学生を無作為に2つのグループに分けます。最初のグループは1分間その場で走り、もう1つのグループは静止して立っています。次に、研修者は学生の脈拍をもう一度記録します。

このデータを使用して、クロス集計とカイニ乗記述統計量(表)記述統計グラフ要約1変数の関数棒グラフ適合回帰モデル、およびその他の複数の測定変数およびグループ間の関係を調べる多くのコマンドについて説明することができます。

ワークシートの列 説明
脈拍1 各学生の休息時脈拍
脈拍2 各学生の走った後または走らなかった後の脈拍(処置後)
ランニング 学生がその場で走ったかどうか: はいいいえ(処置)
喫煙 学生が定期的に喫煙するかどうか: はいいいえ
性別 学生の性別:男性女性
身長 学生の身長(インチ)
体重 学生の体重(ポンド)
運動 普段の運動レベル:少ない普通多い
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください