ウォーターポンプの信頼性データ

ある自動車メーカーの信頼性エンジニアは、自社が自動車内で使用するウォーターポンプの信頼性を改善したいと考えています。エンジニアは、故障データを収集し、ウォーターポンプがいつ、どのように故障したかを記録します。ウォーターポンプは10,000マイルごとに点検されました。

このデータを使用して、パラメトリック分布分析(任意打ち切り)(対数正規分布を仮定)またはノンパラメトリック分布分析(任意打ち切り)について説明することができます。データには複数の故障モードが含まれているため、異なる故障モードを原因とする信頼性を評価できます。

ワークシートの列 説明
開始 試験区間の開始距離(マイル)
終了 試験区間の終了距離(マイル)
度数 試験区間の開始から終了までの間に故障したポンプ数
故障 ポンプ故障の原因: ガスケットまたはベアリング

行1は、試験の開始前に3つのポンプにガスケット故障があったことを示しています。行5は、50,000~60,000マイルの間に6つのポンプにベアリング故障が発生したことを示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください