マフラーの信頼性データ

ある信頼性エンジニアが、新しいタイプのマフラーの信頼性を評価し、50,000マイル保証に対して予想される保証請求の比率を推定します。エンジニアは古いタイプのマフラーと新しいタイプのマフラー両方の故障データを収集します。マフラーは、故障がないかどうか10,000マイルごとに点検されました。

このデータを使用して、分布識別プロット(任意打ち切り)分布概要プロット(任意打ち切り)パラメトリック分布分析(任意打ち切り)、およびノンパラメトリック分布分析(任意打ち切り)について説明することができます。

ワークシートの列 説明
開始(旧) 古いマフラーの試験区間の開始マイル数
終了(旧) 古いマフラーの試験区間の終了マイル数
度数(旧) 開始(旧)から終了(旧)までの間に該当する試験区間に故障したマフラーの数
開始(新) 新しいマフラーの試験区間の開始マイル数
終了(新) 新しいマフラーの試験区間の終了マイル数
度数(新) 開始(新)から終了(新)までの間に該当する試験区間に故障したマフラーの数

行1は、試験の開始前に1個の古いマフラーと0個の新しいマフラーが故障したことを示しています。行5は、40,000~50,000マイルの間に145個の古いマフラーと34個の新しいマフラーが故障したことを示しています。行9は、試験が90,000マイルの後に終了したときに、83個の古いマフラーと210個の新しいマフラーがまだ正常に機能していたことを示しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください