エンジン巻揚部品の信頼性データ

ある信頼性エンジニアは、タービンアセンブリ用のエンジン巻揚部品の故障率を調査して、エンジン巻揚部品が故障するまでの時間を特定しようとしています。温度が高い場合、巻揚部品の分解が早くなりすぎる可能性があります。

このデータを使用して、分布識別プロット(右打ち切り)分布概要プロット(右打ち切り)パラメトリック分布分析(右打ち切り)、およびノンパラメトリック分布分析(右打ち切り)について説明することができます。

ワークシートの列 説明
温度80 80°Cにした巻揚部品が故障するまでの時間
打ち切り80 80°Cでユニットが故障したかどうかを示します: 1 = 実際に故障、または 0 = 故障する前に打ち切りユニットを試験から除外
温度100 100°Cにした巻揚部品が故障するまでの時間
打ち切り100 100°Cでユニットが故障したかどうかを示します: 1 = 実際に故障、または 0 = 故障する前に打ち切りユニットを試験から除外

行1では、80°Cのユニットが50時間後に故障しています。行6では、80°Cのユニットが故障せずに99時間後に試験から除外されています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください