断熱材劣化データ

ある信頼性エンジニアが、電動モーターに使用される断熱材の劣化を調査しようとしています。このモーターは、通常では80~100°Cの範囲で動作します。故障発生を加速させるため、エンジニアは通常ではありえない110、130、150、170°Cの4つの高温下で断熱材の故障時間を収集します。

このデータを使用して、加速寿命試験および生命データでの回帰分析について説明することができます。アレニウス温度と故障の関係は線形です。

ワークシートの列 説明
温度 試験で断熱材をさらす温度: 170、150、130、110
アレニウス温度 試験温度のアレニウス温度
プラント 断熱材が製造された工場: 1または2
故障時間 各モーターの時間単位での試験時間
打ち切り 断熱材が試験によって故障したかどうかを示します: F = 故障した、または C = 故障しなかった
設計 モーターの終点温度。このモーターは、通常では80~100°Cの範囲で動作します。
新温度 通常の温度での故障を予測するための温度
アレニウス新温度 予測温度のアレニウス温度
新プラント 故障を推定する製造工場

列8および9を使用して通常温度での各製造工場の故障を推定します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください