ブレーキの信頼性データ

ある信頼性エンジニアが、地下鉄の車両で使用される2種類のブレーキ部品の故障率を比較したいと考えています。エンジニアは、29両の車両について交換時間と部品タイプに関するデータを収集します。部品は故障するたびに修理して再び使用されました。

このデータを使用して、修復可能システム分析を実行したり、ノンパラメトリック成長曲線について説明することができます。

ワークシートの列 説明
ID 車両識別子。29両の車両がサンプル抽出されました。
日数 ブレーキ部品を交換するまでの日数。各車両の最後の時間がその車両の最後の故障です。
タイプ 部品識別子: 1または2

車両112のデータは行3~6にあります。車両112の部品タイプは1でした。最初の部品交換は364日目に行われ、2回目の部品交換は391日目に行われ、3回目の部品交換は548日目に行われ、最後のブレーキ故障は724日目に発生しました。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください