防皺データ

ある化学研究者が、いくつかの予測変数が綿布のしわになりにくさにどのように関係するかを理解したいと考えています。化学者は、異なる処理時間、処理温度、ホルムアルデヒド濃度、および触媒比の設定で製造された32個の綿セルロースを調査します。各綿布について、しわになりにくさの指標である防皺度を記録します。

このデータを使用して、適合回帰モデルについて説明することができます。

ワークシートの列 説明 変数の型
濃度 ホルムアルデヒド濃度の設定 因子
触媒比 触媒比 因子
硬化温度 サンプルの温度 因子
硬化時間 サンプルがテスト条件下に置かれていた時間 因子
評点 しわになりにくさの評価 応答
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください